海外へ長期滞在する時に保険へ加入することの必要性や重要性

海外に行くのは旅行だけではなく留学や仕事などいろんなシーンが考えられます。遊びにいくときにも保険の利用をする方が殆どですが、長期滞在となると実際に出かけて済むのだからそれほど何か起こることはないだろうと考える事もあるでしょう。何も補償がないと、万が一怪我や病気をしたときに現地でどれだけお金がかかるのか想像が付きません。軽く数百万から、場合によってはそれ以上治療費がかかることもあります。それだけではなく、長期で住むので建物などの補償なども万が一に備えておくだけでも随分と安心感が違ってきます。日本にいる時には補償の事は考えた事もないという方が多いですが、慣れない土地、言葉も話せないという環境ですから、自分自身や家族のためにも加入しておくようにしましょう。

旅行とは違う滞在の仕方だからこそ準備したい

海外に出かける理由は様々ですが、旅行以外で滞在する機会は、例えば留学やホームステイ、ワーキングホリデー、移住などいろいろあります。長期滞在というのは大体2週間以上をいいますが、一般の保険だとあまり長期で利用できるものがありません。専用のものを利用することで、さらに旅行時より手厚い補償が選択できるようになりますので、より安心して出かけられるようになります。出国先や目的によっては、利用をしておかないとそもそも行く事ができないという場合もありますので、きちんと予定に合わせて契約できるようにしておきましょう。取り扱っている会社によっても細かい補償内容は違いますので、分からない事があれば確認をしながら利用しやすいものを選んで安心も一緒に準備しておいて下さい。

必要な補償と掛け金の比較をしよう

安心や安全を手に入れるためには必要不可欠な保険ですが、やはり長期になればなるほど掛け金はかなり高くなってきます。補償内容にもよりますが、半年程度の滞在でも掛け金は10万円前後ぐらいかかります。1年でその約2倍の20万円前後は最低限必要になってくると思っておくといいでしょう。病気や怪我だけでなく、何か物品を壊したりするなどのトラブルでもかなりの金額がかかってきます。掛け金の数倍上の費用がかかったりするので、加入せずに補償がない状態だとどうしようもない事になってしまいます。会社によっても金額などは違うので、必ず見積もりも取っておきましょう。必要に応じて延長する可能性がありそうなら、その時の金額も目安でいいので聞いておくとさらに使いやすくなります。

医療保険について信頼ある保険会社を多数掲載しています。 お客様一人ひとりに合ったがん保険や生命保険をご提案します! 専門的な保険の用語について解説付の用語集を集めました。 "海外赴任者総合補償制度はおトクな保険料でご利用頂けるよう柔軟に対応します。" 数ある保険の中で、どの保険の入会でいくらマイルが貯まるのか詳細をお伝えします。 海外へ長期滞在するなら保険に入ろう!