海外に長期滞在する時の保険の加入の仕方

今の時代、海外に行くという機会が庶民レベルにも恵まれるようになっています。旅行で行くということが多いのですが、中には出張や駐在、留学といった様々な事情で渡航することになる人もいます。短期間で行くこともあれば、長期間にわたることもありますし、いずれの場合にしても現地で安心して滞在することができるようにしたいものです。日本とは違って外国での生活というのは思うようにいかないこともあります。何かトラブルなどになったときてもすぐに対応できるような備えが必要になることでしょう。そこで滞在に合わせて保険などに加入しておくようにするといいでしょう。短期でも長期でも目的に合わせた補償内容を検討したいものです。出費はあっても安心することができる加入するようにしましょう。

海外旅行保険に加入したいのなら

短期でも長期でも外国に行くことになったら、損保加入をしておきたいものです。病気やけがに見舞われたり、傷害死亡や疾病死亡に至る可能性も否定はできないものです。治療救援費用や後遺症の補償、飛行機の遅延や盗難などの補償なども必要なこともあります。ただ、3か月以内であれば、クレジットカードの付帯されている補償で賄うことができることもあります。そこで期間や内容などに応じてどの商品にするのがいいのかを決めていくことになります。加入をしたいと思ったら、今はほとんどがネットで加入申し込みをすることができるようになっているので便利です。中にはネットでフリープランの設計が難しいということになると、代理店などで相談をしながら加入するということもできます。損保会社によっては空港でも加入できることもあるのですが、出発前までに申し込みをする必要があります。

長期滞在でかかる保険の種類と料金

数か月から数年までの長期滞在になると、目的別の損保商品に加入することになります。旅行や出張、駐在、留学、ワーキングホリデー、ボランティアなど、目的によっても補償内容が異なっているものです。一例として、1年程度の場合でどの程度の料金がかかるのかということを挙げていきましょう。加入する会社によっても料金がかなり異なるのですが、最低でも15万円程度は見ておくといいでしょう。内容が充実することでさらに20万円台になったりすることもあります。また、期間が延長する場合に対応できる会社とそうでない会社があるので、加入する前に確認をしておくといいでしょう。日本にいる時には困らなくても外国にいる時には困ることが発生する場合もありますので、しっかりと考えておくようにしたいものです。